水道修理をしなくても済むようにするために凍結防止をする

寒い地域では水道管が凍りやすい~マイナス4℃以下で水道管が凍る~

水道管が凍結しないためには

修理

水道管を凍結させないために、いくつか対策方法を紹介していきます。凍結対策には、今からでも簡単に行なえるものばかりなのできっと参考になるはずです。

水道管の凍結を防ぐ方法

水栓を閉めて水抜きをしておく
寒い地域での水道管凍結は良くあることです。水道管の凍結を防ぐ方法に、水抜きという方法があります。水抜きとは、元栓を締めた後に水道管に残っている水をすべて出すというものです。水道管に水が入っていなければ凍結することはありません。また凍結によって起きる破損の問題も起こらないように防ぐことができるでしょう。
水を少し出しっぱなしにしておく
水道管の凍結への対策として、一番簡単な対策方法が水をチョロチョロ出しておくことです。水が流れずに水道管に溜まった状態だと、水が氷りつき水道管が凍結してしまいます。しかし、水を少し流しておくことによって、水が常に水道管の中から入れ替わっていくので、凍結を防ぐことができるのです。ここで水道代が気になるという人もいることでしょう。水道代が余分にかかりもったいないと思うこともあるかもしれません。しかし、水道が凍結し破損した時の水道修理と比べると安い方であるため、水道代は気にせずに水を流しておきましょう。
水道管を温めておく
水道管を冷やさないようにすることで、水道管の凍結を防ぐことができます。水道管を温めておくことによって、凍結を防ぐわけですが、その時に使うものはタオルです。タオルなんかで保温になるのと思う人もいることでしょう。しかし、このタオルは凍りやすい場所に巻きつけるだけでも、外気を遮断し保温することができるのです。蛇口が凍りつきやすいという場合は、蛇口へタオルを巻き付けて凍結対策をしましょう。

凍結防止に最適!便利なアイテム

便利グッズを使って水道管の凍結を防ごう

凍結を防ぐために作られた、便利グッズで凍結防止ヒーターというものがあります。この凍結ヒーターは2000円前後で販売されている商品で、ネット通販などから入手することができるでしょう。この便利アイテムを使えば水道管修理をする手間も省くことができる可能性があります。

TOPボタン