水道管凍結によって不便になる~水道修理をして普段の暮らしへ復帰~

寒い地域では水道管が凍りやすい~マイナス4℃以下で水道管が凍る~

水道管が凍結してしまうのは何故?

水道

水道管が凍結してしまうと、水を使いたいという場面で水が使えないことがあるので不便に感じます。この水道管の凍結には、配管の種類も関わってきます。

凍結しやすくなる条件とは

寒冷地は、冬場になると温度がマイナス0℃を下回ることも珍しくないです。冬場の冷たい風が、家の隙間から水道管へ伝わることで水道管が凍結します。また銅管製は凍結すると破裂しやすかったといわれています。寒冷地対に住む人は、水道管の材質には気をつけておきましょう。

水道管が凍結するとどうなるか~体験者の意見を聞いてみました~

食事が満足に作れません(40代/女性)

水道管の凍結によってご飯が炊けなくなりました。水が使えないので、インスタントラーメンすら食べることができません。もしご飯が食べられたとしても、食器も洗えないので不便で仕方なかったです。

普通に生活できなくて困りました(40代/男性)

水が出ないので顔を洗うことも、歯を磨くことも満足にできません。また、トイレの水も流れないので用を足した後は困りました。風呂も入れないから体の汚れも落とすことができず、最悪でした。今まで、できていた普通の生活が、水道水が出ないというだけでできなくなるなんてびっくりです。

最も恐ろしいのは水道管の破裂

寒い地域であれば、水道管は凍結しにくいような工夫が施されています。しかし水道管が昔のものであれば、水道管が凍結しやすいだけではなく、破裂もしやすいです。水道管の破裂は危険であるため、凍結しているのを発見した場合は、すぐに水道修理業者に見てもらいましょう。水道修理業者であれば、水道管が凍結しにくい方法を知っている可能性が高いです。

TOPボタン